町田の鍼灸(ハリキュウ)マッサージの治療院です。肩こり、腰痛からギックリ腰寝違いなど痛みの改善あらゆる体の不調和、歪みの改善に努力しています。

バネ指の内視鏡手術

健康情報

バネ指の内視鏡手術(慶応大学で)

指を曲るたびにカクン、カクンとなる腱鞘炎です。

ひどくなると指が曲がったままに、あるいは伸びたままになるので手術が必要になります。

通常の手術は、腱鞘を開くのに指1本ずつ1.5から2cm切開し、処置してから縫合して抜糸まで2週間ほどかかり、痛みも残ります。これに対し、慶応大学の中のやすしさんは、手のひらに2箇所3mmほどの穴を開け、そこに細い管を通し、腱に平行に刺し平行にあいた2mm幅の穴窓から内視鏡で見ながら、もう1本の管からカギ型のメスで切開するものです。

局所麻酔ですみ、穴も小さいので縫合する必要もなく術後も軽くすむ。指1本あたり、10分くらいですみ多くの指に起こりやすい糖尿病患者には、傷も治りにくいので、朗報といえます。

機質的(靭帯や腱)などの以上や変形がなければ、鍼治療が痛みや緊張を緩和して、改善に向かわせます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

「町田の鍼灸治療は成瀬鞍掛治療院 腰痛 ぎっくり腰 マッサージ 花粉症」更年期