町田の鍼灸(ハリキュウ)マッサージの治療院です。肩こり、腰痛からギックリ腰寝違いなど痛みの改善あらゆる体の不調和、歪みの改善に努力しています。

冷え症と低体温

冷え症と低体温

低体温

子供の三割、高齢者の四割が低体温と調査結果があります.

冷え症と何が違うのか、最新研究から解消できる方法をあげてみましょう.

平熱がちょっと低くめだと笑っていられない!低体温の本当の恐ろしさが判明しました.
熱が出たからと心配する人はいますが,体温が1,2度低いからと心配する人は少ないでしょう.でも、わずか1.5度の体温低下で,免疫力の機能低下を引き起こし,感染症を増加させたり、重得な心臓疾患のリスクが2,3倍にもなります。

一日の体温低下の時間変化と突然死の高まる時間帯が一致します.

体温低下している時間に突然死が増えています

特に自覚せずに低体温に陥りやすいのが,睡眠時です.

温かい布団の中で寝ていたとしても,室温が10度以下になっていた場合,呼吸により内蔵温度が35度台に下がってしまい,突然死の危険性、ポカポカ布団の中で,凍死なんていうことになりかねませ

全ての突然死が低体温によるものではありません.
..
 似て非なる冷え性と低体温

冷え性と低体温の違いを混同したままでいると,いつまでも自分の低体温には、気がつかないかも?

オナジ冷え症でも体温が,36.6度の人は,手足の末梢血管を締めて,収縮させて,温かい血液を中に閉じ込めて,熱が出ないようにしている.熱を逃さないための大事な仕組みです.

体の表面が冷たくなるのは,寒さに対して、深部体温を保とうとして反応しているメカニズムです.

この人間に備わった寒さから身を守ろうとする防御システムが過剰に反応してしまうのが,女性に多い冷え症です.
手足が冷たくなってしまうのは、とっても辛い症状ですが,冷え症で深部体温を保つ能力は高いはずなのに,体温が低いのは、
そもそも深部の作られる体温が少ない次の三つの原因が挙げられる.

1)極端なダイエット少食
2)筋力不足
3)甲状腺ホルモンの現象(甲状腺ホルモンは,体の細胞を働かせる命令を出すホルモンでこれが低下すると、ありとあらゆる細胞

が働かなくなり,熱が生み出される量が減る

冷え性の人は,手足の血管を締めて、血液を深部の体温を守ろうとしているとも言えます.でも、上の三つに該当する人は,体温を上げられないで体温低下を起こしてしまう.

手足がポカポカしていても低体温の人がいます.
自分では体温の低下に気がつかない35度台の低体温の人が,寒さにあたっても血管の収縮が怒らないため,どんどん体温が逃げてしまう交感神経機能低下体質や、ストレス,不規則な生活リズム,等によって起こります.

また、老化によって血管収縮が起こらなくなり,血管が硬くなり,交感神経の命令を出しても、収縮しないタメ,高齢者に低体温が多いのです.

さらに危険なことに放熱しているために,本人は,体ポカポカ、つまり保温など適切な対処を取らないため,ドンドン体の熱を逃がしてしまうことになってしまう.

これに対する対策

として,まず、鍼治療により,全身の血流を改善し,深部体温,内蔵音を上げることです.そして、弱・中年向けには,運動と寒さに当たることです.20分程度のウオーキングと、
普段より,1,2枚程度薄着になり,寒さにあたりながら,体を動かす。特に顔周りは、寒さを感じるセンサーが集まっているので、マフラーや帽子などは、耐えられるなら,なるべく避けてください

.交感神経の働きを高め、血管収縮機能を高めましょう.

これを1週間続けると,体温が35.5度から,36.4度まで上がりました.

ただし、効果が現れるまでには,個人差があります.

※いきなり極端な薄着は避けましょう.高齢者は老化によって収縮力を回復することは可能ですが,いきなり薄着になって屋外で運動することは危険です.老化によって過度に放熱してしまっている血管部分を保温して運動することです.
老化によって収縮力を失いやすい血管の順番は,足,背中,胸,腕頭の順番です.特に足,背中を保温しましょう.

血管の老化は40台を過ぎた頃から始まりますが,はじめは足から放熱しやすくなってしまいます.股引などで保温して行ってください.他の部分は過度に保温しなくても薄着で大丈夫です.

食事は,

タンパク質を多く摂ることです.タンパク質を消化すると、他の食べ物より多くの熱が生まれる.
総カロリーの40パーセント以上を肉や魚などのタンパク質で取れば体温アップの効果があります。
タンパク質の1gあたりのカロリーは,4kcalです.
冷え症にもタンパク質を多く摂る食事がおすすめです.

腎臓病や糖尿病などでカロリーや蛋白制限のある方は,医師と十分に相談してから行ってください.

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

「町田の鍼灸治療は成瀬鞍掛治療院 腰痛 ぎっくり腰 マッサージ 花粉症」更年期