町田の鍼灸(ハリキュウ)マッサージの治療院です。肩こり、腰痛からギックリ腰寝違いなど痛みの改善あらゆる体の不調和、歪みの改善に努力しています。

肩こりについて

肩こりについて

肩こりは,

後頸部から僧帽筋のエリアにかけての諸筋に現われるこわばり感,つまった感じや重苦しさ、不快感,コリ感、痛みを指します.

「肩こり」といって、日本では肩を指しますが,欧米、諸外国では,首から背中の疾患としてとらえられ、「肩こり」は、日本独自のものです.
また、日本人に多いのは,体系と姿勢によるものがほとんどです.

なで肩,猫背のひとが多いです.

頸肩腕症候群の初期症状と見ることが出来る.

原因としては,

同じ姿勢をとり続ける、ストレスや不満による緊張の継続などで、

頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くな

り、局所に循環障害が起こる。それによって酸素や栄養分が末端ま

で届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こす。

同様に冷えも大きな要因となっています.

症状として

軽度の場合,表層部にある大きな僧帽筋に不快感,痛みが起こり、圧痛が出ます.

症状が進むと,圧痛点やこりが広がり,首や肩甲骨の周りの深層筋である肩甲挙筋・棘上筋・菱形筋・脊柱起立筋群・上後鋸筋)にま

で凝りが拡大すると凝りとして感じられ、筋肉がこわばり,重苦し

さを感じ,脊柱と肩甲骨の間(肩甲間部)に鉄板でもあるような感覚になります.肩上部に重いものを載せているようになりもっと進

むと夜眠れないほど痛くなり,背中が痛くなり,頭痛や顔面痛など

を引き起こします

治療としては

軽度なら,湿布や温熱で血流を改善すれば治りますが,表層の僧帽筋のレベルなら,按摩・マッサージ・指圧で改善され,気持よくほ

ぐすことができます.しかし、深部の筋群まで達したり,首,肩甲

骨,脊柱をゆがませるほど筋が緊張したり,他の症状を伴っている

場合は,鍼灸治療が最適です.

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

「町田の鍼灸治療は成瀬鞍掛治療院 腰痛 ぎっくり腰 マッサージ 花粉症」更年期