町田の鍼灸(ハリキュウ)マッサージの治療院です。肩こり、腰痛からギックリ腰寝違いなど痛みの改善あらゆる体の不調和、歪みの改善に努力しています。

脊柱管狭窄症の治療

健康情報

脊柱管狭窄症の治療(脊柱管狭窄症 50歳代から増え始める)

 脊柱管狭窄症は、最近、特に多くなっています。脊柱管(脊髄神経の通り道)が狭くな
 ることで腰痛や歩行障害など起こります。

脊柱管狭窄症とは?

 「脊柱管」が狭くなり、神経が圧迫される 脊柱(背骨)を構成している椎骨は、円柱状
 の椎体と、後方に張り出した椎弓から成っています。
 椎骨が積み重なることでできる管状の空間を脊柱管といいます。

 第一腰椎のあたりから下の脊柱管には、馬尾神経と呼ばれる神経の束が通っています。

 馬尾神経から分かれた神経は、脊柱管から出て脚のほうに伸びています。

 脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなる病気で、高齢者に多く見られます。

 老化に伴う椎間関節や椎間板の変形に加え、椎体が前方にずれる脊椎すべり症も 脊柱管
 狭窄症の原因になります。

脊柱管狭窄症の症状

 脊柱管狭窄症では神経が圧迫されて症状が引き起こされます。

 圧迫される部位により、馬尾神経が圧迫される「馬尾型」、神経根が圧迫される「神経
 根型」、両方が圧迫される「混合型」に分類されます。

 脊柱管狭窄症の代表的な症状は、腰痛と脚の痛みやしびれから起こる歩行障害です。

 腰を反らせると脊柱管が狭くなるため痛みが強くなり、前かがみになると楽になるのが
 特徴です。

 しばらく歩くと脚の痛みやしびれで歩けなくなる場合も、前かがみで休むと脊柱管が広
 がり、またしばらくは歩けるようになります。

 これを間欠歩行といいます。また、神経が圧迫されることで排泄障害や感覚障害が起こ
 ることもあります。

治療法 -保存療法-

 薬物療法や神経ブロック・鍼灸治療による鎮痛などが行われる脊柱管狭窄症では、まず
 薬物療法、装具療法、神経ブロック療法鍼治療などの保存療法が行われます。

  • 薬で痛みやしびれを軽減させる

 痛みにたいしては消炎鎮痛薬が、しびれに対してはビタミンB12製剤が用いられま
 す。歩行障害がある場合には、血流を改善するプロスタグランジン製剤が使われます。

  • コルセットなどで腰を固定する

 腰を伸ばすと痛むので、やや前かがみの状態で固定するコルセットが用いられま
 す。腰を伸ばすことが制限されるため、コルセットを装着することで神経への刺劇が軽
 減されます。

  • 神経ブロックで痛みを軽減させる

 神経やその周囲に局所麻酔薬とステロイド薬を注射することによって痛みを遮断し、炎
 症を抑える治療法です。

 脊柱管狭窄症の神経ブロックには、硬膜外ブロックと神経根ブロックの2つの方法があ
 ります。

 硬膜外ブロックでは、神経を覆っている硬膜の外側にある硬膜外腔に薬剤を注射しま
 す。

 神経根ブロックでは、障害を受けている神経根の周囲に薬剤を注射します。

  • 脊柱管狭窄症の保存療法

 神経ブロック療法・硬膜外ブロック
 尾骨の上にある仙骨部から硬膜外腔に局所麻酔薬やステロイド薬を注射する方法。

  • 神経根ブロック

 背中側から針を刺し、圧迫されている神経根の周囲に直接、局所麻酔薬とステロイド薬
 を注射する方法。

  • 手術

 排泄障害などがある場合に手術が検討される

 手術を考えるのは、保存療法で十分な効果が得られず、症状が悪化しているような場合
 です。 歩行障害などにより、日常生活に著しく不便を感じている場合には、手術が勧め
 られます。 また、排泄障害がある場合には、手術が必要となります。

 手術には、神経への圧迫を除く「除圧術」と、上下の椎骨を固定する「脊椎固定術」
 という方法があります。

  • 除圧術

 脊柱管が狭くなることによって、神経が圧迫されているので、脊柱管を形づくっている
 脊椎の一部を切除することで圧迫を取り除く手術です。

 次の2つの方法があります。

  • 椎弓切除術

 脊柱管は椎体の後壁と椎弓に囲まれています。狭くなった脊柱管を広げるために、椎弓
 を広範囲にわたって切除する手術です。広範囲にわたって神経への圧迫を取り除くこと
 ができます。脊柱管狭窄症の手術では、この方法が最もよく行われています。

  • 開窓術

 椎弓切除術と同じように椎弓を部分的に切除し、窓を開けたような状態にする手術で
 す。ただし、神経を圧迫している部分(椎弓の一部、椎間関節の内側、靭帯)を中心に
 切除し、それ以外の部分は可能な限り残すようにします。

  • 脊椎固定術

 椎骨のすべりが原因となっている場合には、ずれている部分を固定する手術で、脊柱管
 が狭くなるのを改善できます。自分の骨を移植する方法や人工骨を使う方法がありま
 す。

 また、固定するための金属が用いられることもあります。

  • 新しい手術

 患者さんの身体的な負担が軽い手術として、「内視鏡手術」も試みられるようになって
 います。
 背中を小さく切開し、そこから患部に内視鏡を挿入し、モニターの画面を見ながら手術
 を行います。ただし、脊柱管狭窄症の内視鏡手術は現在のところ健康保険が適用されま
 せん。

<参 考>

 椎間板ヘルニアの内視鏡手術について 最近内視鏡でヘルニア摘出を行う施設も多くなっ
 てきました。通常 キャスパー法という方法で行う事が多いですが、本法では1cm程度の
 皮切を加え、それを開口器で開いておきます。

 そこで 大腸ファイバーや胃カメラのような器具を入れて、黄靭帯という比較的強い筋
 を切開し、後ろにせり出してきたヘルニアに切開をいれて中身を引き出します。 大きく
 開ける従来の方法は LOVE法 と言われ、むしろ手術時間は早いのですが、背中の筋
 肉も 大きく開くので手術後4週間はベッド上
 で安静を余儀無くされ、トイレもベッド上です。

 内視鏡手術の場合は、術後2ー3日で歩行可能、数日で退院可能です。
 抜糸は外来でしてもよいくらいです。
 肉体労働への復帰はどちらの手術も 一ヶ月程度で可能でしょう。
 通常、椎間板ヘルニアの治療は保存療法(手術以外の治療法・鍼治療)を、身体に対する
 負担の 少ないものから順に行います。
 ある治療法の効果がなかったら次の段階に進むということを するわけです。

 そして、最終的には多くの方が保存療法で治ります (症状が軽快するという意味です)。
 しかし、この方法には治癒の時期が何時か判らないという欠点があります。

 現役社会人にとっては、休職そのものよりも、復職時期の予定が立たないことの方が
 困ります。
 こういう場合には上記の治療手順を無視して早期から手術を考慮します。
 手術の場合、復職までに一定の期間を必要としますが、社会復帰の時期についての予定
 が立てられます。
 「復職時期を明確にすること」を優先するのなら手術と考えますが、こればかりはご当
 人が 決断が重要になります。
 医学的な問題よりも「お本人の事情」が大きく関わってきますので、何を優先するかを
 明確にした上で、その希望を主治医にはっきり伝えて相談に乗ってもらうのが良いと思
 います。

脊柱管狭窄症の手術例

 手術後はコルセットを装用します

 手術後は通常、約3~4日で コルセットを用いて歩行訓練を始めます。
 一般的には約10~14日で退院となります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

「町田の鍼灸治療は成瀬鞍掛治療院 腰痛 ぎっくり腰 マッサージ 花粉症」更年期