町田の鍼灸(ハリキュウ)マッサージの治療院です。肩こり、腰痛からギックリ腰寝違いなど痛みの改善あらゆる体の不調和、歪みの改善に努力しています。

間質性膀胱炎

健康情報

間質性膀胱炎

 間質性膀胱炎が増えています

全国で25万人ぐらいいると思われます。わが国では、認知度が低く誤診されて苦しんでいる人が多いようです。

下腹部が激しく痛み、トイレが近くなり、頻繁に行くのが特徴です。亜急性膀胱炎と区別できずに、抗生物質を試みることが多く、泌尿器科、産婦人科、内科、精神科を何年も通い続けるか更年期障害と片付けられるケースもあります。

間質性膀胱炎は何らかの原因で、膀胱の粘膜の内側の層に炎症が起こり、筋が収縮する病気です。

      症状は、
             1)抗生物質を使っても、長期間続く。
             2)トイレに1日20~80回通う。
             3)尿が少しでも溜まると膀胱が激しく痛む。
             4)排尿時、排尿後不快感が続く。

患者の9割は、女性で治療は抗ヒスタミン剤、抗欝剤、抗アレルギー剤が有効とされているが、IL4というサイトカイン抑制薬が有効とされるが、これには、病名の確定が必要なため疑いがある場合は医師に尋ねる事が大事です。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

「町田の鍼灸治療は成瀬鞍掛治療院 腰痛 ぎっくり腰 マッサージ 花粉症」更年期